プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

ウドンタニより🍀

タイのウドンタニまで 戻って来ましたわ


食事しながら ブログアップ です




昨日の 夕飯は




いつもの 野外の レストラン





で 蚊取り線香です





夕飯代 200バーツでした


ラオスは バーツ使えます😊




本日 13:30より 受け取り開始です



タイ領事館です




無事に 14:20に 受け取りました



ビエンチャンの バスターミナルから


ウドンタニ行きの バスに 乗ります


帰りは いつも このコース


はい


幾らか 交通費 節約できます





バスの中から ビエンチャン





メコン川沿い 走ります




約 2時間半で ウドンタニに 着きました


ウドンタニの モールで


軽く 食事してます



山崎パン買って


帰ります


ウドンタニ空港までは


トゥクトゥクで 移動です


ドムアン空港からは タクシーで 帰ります


あぁーー


疲れたわ( ̄∇ ̄)



💃 💃 💃

ラオス ビエンチャンより💦

ネット環境 がーーーーー


相変わらず 悪過ぎます


サスガ ラオスーーーー( ; _ ; )/~~~




夜中の 2:30に 起き


3:00には タクシーに 乗り


3:45に ドムアン空港 到着



カンターで ございます


珍しくもありませんがww




空港内の セブンイレブン で 栄養剤 買いますの




タイの ウドンタニまで 飛行機です


ここは 国内線





ウドンタニから バンに 乗り


はい


タイ出国ですね





メコン川 渡る バスに 乗ります






ようやく ラオス 入国です






ビエンチャンの タイ領事館に 着いたのは 9:20でした


更新書類とパスポート 預け


また 明日 受け取りに 行きます


受付番号 112でした




ホテルです


1泊 朝食付き


1000バーツ (3200円程)







ラオス の お寺さん


タイと 変わりなしww






明日 コンドミニアムに 着くのは


多分


24時頃かと 思われまする


さて


夕飯 何を 食べましょうか




🙇‍♀️ 🙇‍♀️ 🙇‍♀️

大きな課題 2️⃣



無事 手術終え


秋田に 學さんが カエちゃんを 連れて来た


玉川温泉は 奇跡の湯 として 全国でも 有名なのだ


身体の 悪い所が 赤黒く 浮き上がって来る




5日も 過ぎた頃だったろうか


カエちゃんが 違う温泉に 移りたいと 言う



田沢湖の温泉に 移動した


玉川温泉は きつかったようだ




この 移動した 温泉旅館 に 年 5〜6回 来るように なった


10日は 滞在する


學さんは 仕事が あれば 戻るので


カエちゃんが 1人の時が 多かった


私は 泊まりがけで 訪ねて行った


家からは 車で 40分程


日帰りもできたが


お風呂好きな 私は


これ幸いと いつも 泊まった




旅館 の近くには 小さな滝 が あり


朝の 散歩で


カエちゃんは 大きく 深呼吸していた


緑の中を 手を 振り上げ 下ろし 歩いた


私も 真似して 振り上げ 下ろし て 一緒に 歩いた




ある時


「私は 手術なんか したくなかったのよ でも ベルトコンベアーに 乗せられたみたいに


あれよ あれよ と言う間に 手術に なって だから 學には 言ってあるの


次は 絶対 手術は しないからってね」


「うん」


「肺癌は 転移するのが 脳の確率が 大なんだって 脳は 嫌だなぁ 最後まで 自分で いたいなぁ」


「うん」


そんな事を 森の中 歩きながら 淡々と 言っていた





夜 隣のベットに 横になり


私は カエちゃんに 訊いた


「信仰は カエちゃんにとって 手助けに なってる?」


「とってもなってるよ 今もだけど ずーっと なってるよ」


「そうかぁ なら 良かった」




カエちゃんは クリスチャン


お祈りしているところは 見たことは 無いのだけれど


被爆者という 大きな 大きな 荷物を 背負い 生きて来た


常に 覚悟の様なものが あったのだと 思う




結婚も するつもりは 無かったそうだ


「學さんが 積極的でさ」


と 楽しそうに 笑う





お風呂に 一緒に 入った時だ


カエちゃんから 言われた



「プーはね いいもの 一杯 持ってるのよ


だから 弱い人 の 気持ち 分かるようになれば


とても 良いと 思うよ」


お風呂から 山を 見て カエちゃんが 言う


「うーーん 難しいねぇ」


と 私は 答えた


「難しいだろうけど 努力は してね 分かった」


私の顔を 見て 静かに 笑う


「分かった」


私は 仕方がないので 返事を する


そんな 私を 見ながら カエちゃんは


困ったものだ と 笑う





この期間が 秋田に 来ていた 期間が 何年続いたのだろう


3〜4年だろうか


ハッキリ 思い出せない




肺癌になって もうすぐ 5年に なろうとしてた頃


カエちゃんは 脳に 癌が できた


秋田にも 来れなくなった


私は 私で


旦那と 別居していた






ある日 共通の 知り合いが


教えてくれた





カエちゃんが 亡くなった と





初盆に


山形の尾花沢の スイカを 送った


大きな スイカを 送った





學さんから 手紙が 届いた




プーちゃん


ありがとう


きっと 喜んで 食べていると 思います


最後は 水も 飲めず 辛かったようですから


きっと 誰にも わけないで 独り占めしていると 思います




手紙を 読んで


私は 初めて 泣いた






2007年の 事である





【弱い人の 気持ち わかりなさい】



大きな


私にとって


大きな 課題である





今日も バンコクは 暑い







🍀 🍀 🍀