プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

ヤッツケ仕事💦

昨夜


ブログ作成に 時間が 掛かり


私 寝不足ですの。。。。


はい


自己責任で ございます


全て ワタスが 悪いので ございます





ヤッツケ仕事に なってます


スマンコッテ💦




昨日は 洗濯しようと 思っていたのに


それなのに


ウダウダと していたら


雨 です


激しい 雨 です


はい


諦めました


あなたの事は〜〜



大好きな 歌で ございます





今日は 日曜日


息子と 出かけます


そうそう


25日に 初月給 頂きました


バンコク銀行に 入っています


明日 おろします。。。


家賃 支払 致します。。。



最近 プリンが 良く 食べますの


うるさい位 声を 掛けて ねだります






ベランダに 出して と 言いますの


お馬鹿な プリンが 落ちぬかと


ずーーーと


見張って おりまする






浅田次郎 さん の


【プリズンホテル】 好きでございます


笑えます


ただ ただ 無邪気に 笑えます


明日 古本屋 覗て みようと 思います





思い付くまま ダラダラと


まとまりも無く


毒も 無く


笑いも無く


はい


ヤッツケ仕事で ございます


お許しを🙇‍♀️





🍀 🍀 🍀




夜に 浮かぶ 余計な 想い


朝が 来るまで 見ぬように


緑色の 箱に 入れました


閉じ込め そっと 息 吐けば


哀しみも 愛だと 言った


あなたの 声が


耳元で 低く 聞こえます



桜は 桜の木に


梅は 梅の木に


それしか 咲けず


それしか 望めず


わたしは わたしにしか なれず


あなたは あなたにしか なれず


だから 別れが 来るのです


あたりまえの かおを して


わたしの 隣に すわります











💐 💐 💐

殺したい と 思った 人 2️⃣




黙ったまま


真也君 と 私は 歩いた


大学生の 彼の アパートは


通りから 入った


路地の 奥に ある





「こんばんは プリン だけど」


声を 掛ける


「 いやぁーだーぁ どうしたのよぅ」


あっちゃんの 嬉しそうな 声


ドアが 開く



私の 後ろに いる 真也君 を 見て


あっちゃん 驚きで 声が 出ない


「 話が したいんだって ちょっと お邪魔するね」


彼女の 返事 も 聞かず 上がりこむ


真也君


「失礼します 」


と 言って


続いて 入る





とにかく 座り


私は 大学生の 彼を 見る


彼は 何が 起こっているのか 理解が出来ず


間の抜けた 顔を している




「あのね この人 真也君が 話したいんだって」


と 口火を切り


真也君 に 頷く




「川辺真也と 言います 突然 申し訳ありません」


真也君 頭を 下げる


大学生の 彼


「はぁー」



「僕は あつ子 と 高校時代からの 付き合いで 一緒に 山梨から 出て来ました」



「はぁー」



「自分としては 結婚も 考えて 付き合っています」



あっちゃんは 彼の隣に 座って うつむいたまま



「で 聞きたいのですが そちらは どうゆうつもりですか」



「どうゆうつもりと 言われてもねぇ」


「将来 結婚を 考えていますか」



真也君 彼から 目を離さず シッカリ 尋ねる



「いやぁー 結婚とか 言われても 俺 まだ 学生だしなぁ」


彼 は 悪びれず 言う


「自分としては あつ子の事 大事 に 思って来たので 遊びなら やめて欲しいのです」


「 結婚を 今は まだ 考えられないだけで 遊び と 言われても ねぇ」



「 今は 答えられないと 言う事ですか」


「そうだね」





真也君


ふっと 息を 吐く




あっちゃん に 顔を 向け


「聞いたよね で あつ子は どうしたいの 」


静かな 声 で 尋ねる


あっちゃん

下を 向いたまま


小さな 声で 答えた



「それで いい」



「此処に 残るって 事」



真也君 辛そうに 聞く



「うん」


あっちゃん コックン と 頷く



真也くん の 顔が 歪んで


驚いた様な


切ない様な


怒った様な


全ての 感情が 混ざった 顔 に なる





急に


「プリンさん 帰りましょう 」


と 私を 見て 言う


私は


「もう いいの」 と 確かめる


「はい」


「そう」




私達は 挨拶を し 部屋 を 出た


帰りの 道も 黙ったまま


2人で 歩いた




上京して もう直ぐ 1年に なろうとしていた





そんな事が あっても


私と あっちゃん の 関係 は 何も変わらなかった


ただ 私は


真也君と 大学生の 彼


そのやり取りを


よく考えたものだ






上京して


2度目の冬




BFの 1人


稔君 が 死んだ


交通事故で 死んだ



稔君の 友達が 教えてくれた


私の 売り場に 電話を くれた


閉店間際の 電話 だった




わき見運転で トラックに ぶつかった事


即死だったから 苦しまなかった 事


車の中に プレゼント用 の バックが あった事



稔君が 亡くなって


10日 近くも 経ってから 教えられた


稔君 は 23歳 だった






帰りの 電車の中 で


突然


私は 思う


そのバック 私のだ


私へ の クリスマスプレゼント だ






暗い 暗い 年の瀬 が


電車の 窓に


映って 流れていた










つづく






💫 💫 💫

できましたら🙇‍♀️




昨日の


ねこきゅう さん の ブログ 拝見 し


そうだ


りんココ母さん の ブログ に あったはず と 思い 探しました





出来ましたら


協力 お願い 致します


タイ からでも 出来ました


ちと タリナイ 私でも 出来ました


宜しく お願い申し上げます🙇‍♀️




🍀 🍀 🍀




タイは 雨季に 入ったようです


夜に なれば 雨と 雷


朝には 晴れますが


油断禁物です


晴れている時 買い物に 行ってます



今日は 快晴


だから


だからですね


ちと ですね




ジムに 行こうかと 思っています


体力作り に 行こうと 思います



無理せず


ん?



どだい 無理など する 人間かぁーーー と


どこからとも無く


カル〜ク 聞こえます



はい


ゴモットモ💦





ジムから 戻ったら


スイカ 食べようと 思います



勝ってに せぃーーーーで しょうが


一応 ご報告 と 思いましてww






じゃ


行ってくるしぃ〜〜🚴‍♀️










🏃 🏃 🏃