プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

ソウルのBF 2️⃣ ✈️






N とは


彼の お店で 初めて 会った


バーでも無く


スナックでも無く


高級感で いっぱいの お店だった


元 旦那様とは 別居している頃


知り合いの 日本人駐在員に


連れて行ってもらった





N は


黄色の ポロシャツ姿で


到底 その店の オーナーとは 思えない 服装だった





カウンター席の 他に


ソファーが ユッタリと 置いてあり


一面の 壁からは


水が 流れ落ちている


カウンターには


大学に通う 女の子の バイトが 数人いた






私達は カウンター席に 座った


知り合いと N は


とても 親しい間柄の様で


話が 弾んでいる




私は 勝手に 白ワイン を 頼み


女の子に


「チェットリ チュセヨー」


と 言い 灰皿を 貰った




隣の隣に 座っている


韓国の男性が


「日本の人ですか」と 話しかけてきた


笑顔で 相槌を うっていたら


「何か ご馳走させて下さい」


と 言うので


ワインを お代わりする





ついでに チーズも 頼む







韓国の男性は 日本語を 話せる事が


楽しそうだった


自分は プロゴルファーで


日本にも 時々行く と 言う


「あらぁー そうですか」



驚いてみせる






その時


N が


知り合いに ひと言





「彼女は 何をしてる人 香港の 女優みたいだよ」





私が 適当に 合わせているので


その 言葉に なったのだろう


私は


初めて


N を マジマジと 見た




適当な女を


香港の 女優と 言い換えた


賢い 男が


無邪気な 笑顔で 座っていた





私は フッと 笑い


ゆっくりと 会釈を した






【追記】



この時は


確か 父も 一緒だった


父が ちゃんとしたホテルにしてくれ と 言うので


母と 私は 仕方なく 従ったものだ


最初で最後の


ロッテホテル に なった








(画像は 全て お借りしています)






🥂 🥂 🥂

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。