プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

捨て去った あの日


Amami Yuki - Around 40




まさに


40代だった





私は


元旦那と


秋田で 小さな会社を やっていた


懸命に 休みも取らず


会社を 大きくする事が


面白く 夢中だった





13年後


会社の 敷地は 1000坪から


2000坪に なった


広くなった分 在庫も 増えた





ある時から


元旦那は 事務所に 出て来なくなった


二階が 自宅だった


お客様が 来たら 二階に 電話をする


そうすれば 降りて来る


そんな 日々が 続いた




3年間


続いた




毎月 の 支払いに 追われる





私は 必死だった


まるで


集中治療室に 入ってる 子供に


まだ 大丈夫だから


きっと 治るから



言ってるようだった




助けたくて


この 我が子のような


この 会社を


助けたくて


必死で 動いた








秋の ある日


その頃 飼っていた 犬の タケを連れ


川辺を 散歩した


夕暮れ時だった




突然


思った




何故


こんなに 辛いのに


何故


頑張っているのだろうと



タケと 川辺を 歩きながら


初めて 考えた




それは


結局


世間体




それは


私の


見栄




それは


己の


虚栄心








裸で生まれて来たのだもの


裸に戻れば いいじゃないか





素直に


そう


思えた





その場で


ミチヨに 電話をした



「ミッちゃん 私 会社 つぶすよ」


そう 言った


ミチヨは 一言


「ご苦労様」






あの日の 秋の 夕暮れ


私は


自分の 世間体


見栄


虚栄心


そんな 諸々の物を


夕日に 染まる 川に 捨てた





3年かかって


やっと


気づいた


心の奥の奥







そう


まさに


40代の頃



人生の


折り返しの 頃





🍀       🍀      🍀

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。