プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

後悔💦

ワタス達が 30歳の頃


ワタス達とは 誰か


それは


ワタスとミチヨちゃん




同じお年なの


誕生日も 9日 違い


ワタスが 9日 早く 誕生したの


その 9日間


威張るの ミチヨ


ネッ


目くそ鼻くそ でしょ


なのに 威張るの


ミチヨちゃん





でね


30歳の


美しかった ワタス達【誰も 知らないから 言いたい放題 ( ̄∀ ̄)】




ミチヨから 電話が来たの


「プーちゃん 今日ね 郵便局の 人が 来るんだけど 見においで」


「何しに くんだよ」


「なんか 勧誘じゃない  ã¨ã«ã‹ã いいから おいで」




約束の時間に 行きましたわよ


歩いて すぐなのww




甲斐甲斐しい ミチヨちゃん


コーヒー 出して お菓子出して


果物なんかも 出しちゃう訳




おいでになった 彼は 若干 年下


割と いい男


感じも いいの



義理堅いワタス達


素敵な事は 分け合うのww


パンフレット見せられて 説明されたと 思うけど


そんな事 もう 何も 覚えていないの





覚えているのは


中田君が 帰った後に


はい


中田君って 言うの




帰った後ね


1000円 何故か 落ちていたのね


アラマ (´⊙ω⊙`) でしょ




で


ワタス ミチヨに 言いました


「ラーメン 食べに行くべ」って


ホシタラ


お馬鹿なくせ


真面目な ミチヨちゃん


「駄目よ 返さなきゃ」


と


訳わからん事 ほざくから


「何言ってんのよ あぁーーーた 中田君だって 


ワタス達に ご馳走出来て 幸せでしょうが 」


と ワタス キッパリ 言いましたの


意志薄弱な ミチヨちゃん


「そうなの?」


「そうよ 当たり前よ 中田君だって オイオイ 嬉し泣きする訳よ」


「泣くの ? 中田君」


「泣くわよ お役に立てて 感激ですって 鼻水垂らして 泣くわよ」


「そうかなぁ」


「今度 来た時 ごちそうさま って 言えば いいの」


「 アッ そうか」


と


ミチヨちゃん


お馬鹿でしょww





拾った と言うか パクッタ と言うかは 非常に 微妙な ところ だが



だが



とにかく


2人で ラーメン 食べました


楽しくって


可笑しくって


美味しくって


仕方無いww






後日


中田君に 伝えました



「この間ね   此処にね  è²´æ–¹ãŒã­  1000円 落として行ったのね


だから ラーメンご馳走になったから ありがとね」



中田君 しばし  çŠ¶æ³ のみこめず  æ”¾å¿ƒçŠ¶æ…‹ã§ã—た




そんな事が あって


ワタス達と 中田君


仲良しこよし に なりました










今


彼は 幸せに 暮らしているでしょうか


穏やかな 人だから


きっと 幸せだと 思うけど


もう 連絡先も 分からずです


そんな人達が いったい  ä½•äººã„るだろう




もっと


ちゃんと


管理しておけば 良かった と 思います




そう


心に 残った人達 の 足跡を


キチンと 残しておけば 良かった と


今更ながら 悔やんでおりまする





🍀 🍀 🍀

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。