プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

逃した魚は 大きいのね 🐳

40代前半 の 頃だったか


ワタスの 宝物 ミチヨ と 飲みに出かけた




仙台 国分町👯



居酒屋さんで 飲み


かなり いい気分


シメに ラーメン屋に 入った




カウンターだけの 狭い ラーメン屋さん


どうにか2席 空いてて キャッキャッ と 喜び 座る


どれにしようか 迷う


迷うだけなら 良いのだが


なんせ カシマシイ


声 デカイ


もう 何を 注文したかも 忘れたが


待ってる間も 実の無い話に 花が咲く


満開に 花が 咲く






アイヨーー と


カウンター越しに ラーメン渡される




ふと


ミチヨ


隣の 男性の ラーメンを 見て


私に 悲しげに 言う


「プーちゃん なんで 私達の チャーシュー 1枚なの」


「仕方ないべ これ 注文したんだから』


「私 麺見えない位 乗っかってるのが いい」


まるで 子供だ


イヤ 子供以下である


「だ か ら 仕方ないの」


食べながらも ツイ 大きな声に なる




ほしたら


ほしたら




ミチヨの 隣の彼が


「食べますか」と ミチヨに 聞く


「はい」


と ミチヨ 笑顔で 答え


恐ろしや ミチヨ


自分の ドンブリを ツト 隣に 動かし


チャーシュー 受け取った


エッ エッ と 眺めていると


ミチヨ


ワタスの ドンブリに


貰った チャーシューを 乗せ


頭下げながら またもや 自分の ドンブリを 隣に 寄せる


彼は 笑顔で もう1枚 チャーシューを く れ た


「頂きます」と また 頭下げる ミチヨ


ワタス


申し訳なくて


申し訳なくて


「ホント すいません」と 彼に 言えば


「いいえ」と 笑う





なにげなく


そっと 彼を 観察すれば


靴 ヨシ


スーツ ヨシ


おてて ヨシ



高得点なのだ




途中で


彼が ハンカチ出して


鼻を かんだ


ミチヨと 顔見合わせ


小さく 頷く





『お仕事の お帰りですか」


ワタス 最大の お澄まし顔で 尋ねる


「出張でして」と 彼


すかさず ミチヨ


「あら どちらから」


と 鈴の鳴るような 声で 追う


追いかける


そう


ミチヨは 声が 美しいのだ


彼 ハニカミながら


「ちょっと フランスです」


マァー マァー おフランスですか


と 思いつつも


「パリですか」と 重ねて ワタス 聞く


「はい」と 彼


「今頃の パリは いい季節でしょうね 」と 合いの手 入れれば


ミチヨ


「そうなの」と 彼に 振る


「ええ 1番 いい時期ですね」 と 高得点の 彼


そんなこんなで 結構 会話が 続く





お会計に 彼 立ち上がり


「お先に』と 声を掛けてくれる


彼が お店を 出た途端


ワタス


ミチヨに


「出るよ」と 強く 強く 言う


ノロマな メンゴイ 我が ミチヨ


慌てて お会計





お外に 出てみれば


もう 敵の姿無し




「もう ーー いないじゃん」


「ごめん でも プーちゃん どうするつもりだったの」


無邪気な ノロマな メンゴイ 我がミチヨ


「馬鹿ねぇーー チャーシューの お礼に コーヒー どうですか って 誘えたべや」


「 あら んだね」


「あぁーーた おフランスよ おフランス」と ワタスが 吠えれば


「ハンカチーフ よね ハンカチーフで 鼻噛む男って 中々 いないよねー」


と 遠い目になる ミチヨ


「んだてば」


「んだねぇ 惜しかったね」と ミチヨが 笑う


ワタスも 可笑しくて 大声で 笑う







👯 👯 👯

ユックリ ユックリ🏋️‍♀️





今日は お天気が いい


んだがらよ


腰痛で 中止していた 体力作り


ちと


開始したべった






ウチのコンドミニアム 長いぃぃーー


1番 奥が ジムと プールが ある所ダス









まんず これから イクベガナ




とりあえず 1キロww



スクワット 30回



つつじさんが 教えてくれた やり方で


腹筋 30回




んだらば


自転車コギコギでも してみっべが





これも 1キロww





プールに 移動







ウチの コンドミニアム 建設中


こんな 外れ に どんだけ 建てる


タイ人 が 買うのかぁーー


んだな


住んでる人 外人って ホンノ少しだもんな




アッ 忘れてた


プールは 1,5キロ


歩き ダス


あくまで 歩き専門ですから


泳げませんからww




ユルユルと やっていきますだ





んだ


最近 こんなものが 設置されてよ


自販 なかなか 見ない バンコクで


これ ちと 凄い 👏 👏






ナカミ 入ってないけれど


オラ と 同じだっちゃ


ん?


ん?



だげんじょ この自販には いずれ 入るべよ


オラには いずれは 無い。。。。


無知のまま


教養も無く


品も無く


経済力も 無く


体力さえも 無く




ナイナイづくしぃぃ


困った。。。。🙀






🏋️‍♀️ 🏋️‍♀️ 🏋️‍♀️

姿 隠す🌃

双子の 息子達が 小1の頃


空手の稽古帰りに 寄った ビデオ屋さん


車に 乗ろうとして 気がつく


ミァー ミァー と 猫が 鳴いてる


3人で 捜す


子猫だ


私を 見上げ 鳴く


「あなた どうしたの」と 抱き上げ


ビデオ屋さんに 問い合わた


誰も 知らないと 言う


どなたか 訊きに来たら 連絡下さいと 言って


車に 戻る


抱いた時 手に ヌルっと 何かが ついた


明日 病院だね と 思う


スーパー寄って 色々 買い揃え


自宅に 向かう


運転する 私の足に乗っけられ


ゴロゴロと 喉を鳴らしてる





その子が 12歳に なった時


私は 病院の 先生に 尋ねた


「そろそろ 心の準備しなければいけないでしょか」と


「いえ いえ この子は 予防接種も キチンとやってるから 後5年は 大丈夫」


と 先生は 笑顔で 言ってくれた





その 2ヶ月後


彼女は いなくなった


いつもなら 近所を 名前呼びながら 捜す私が


何故か 捜さなかった


どこかで 分かっていた


もう 彼女は 帰ってこないと。。。。




とても とても


賢い子だった


きっと


私が オイオイ 泣くだろうと 思って


だから


姿 隠したのだ と 思った






ある人と


連絡が 取れなくなった


【この電話は 使われておりません】


メッセージ が 流れる





捜す手立ては ある


でも


私は 彼の意思で


姿を隠した と 感じた


だから


だから


捜さない。。。





そして


静かに 時が 過ぎるのを 待つ


空 見上げ


月 見上げ


静かに


哀しく


時過ぎゆくさまを 見ている


ここで


じっと 動かず


時が 過ぎるのを 待っている







🌃 🌃 🌃