プリン です✨

日々の感じた事 困った事 思った事を ツラツラと書いて居りまする
バンコク情報 さほど 御座いません
お許しあれ

売店時代2️⃣ イケメン真田君🈵




イケメン君


いつも ワイシャツ姿です


シャープな お姿です




寒い日だったと 思います


ワイシャツ姿で ニッコリ ご来店


「イチゴ牛乳?」と 聞けば


「はい」と またもや ニッコ😸


爽やかすぎまする


「貴方の お店にも 飲み物 あるでしょうに」


「あるけど イチゴ牛乳は ありませんから」


「そうかぁ ところで 貴方のお店 何か 食べれるの」


「食べれます 食べれます 勿論です」


「アッ そうなんだ じゃ 休憩時間に 行くね」


「はい お待ちしております」




そんなこんなで 休憩時間


ガラスの扉の 前で メニュー 見ていたら


お店の中から イケメン君 登場ですの


「プリンさん 座って 選んで下さい」と


先頭立って 案内致します


私達 売店では 名札 つけています


姓だけですが


それも ひらがな ですww




イケメン君


振り向いて


「おタバコは」


「吸います」


はい


キッパリ ハッキリ 答えます


イケメン君


「かしこまりました」


と 微笑みます




席に 着き


何食べようか と 考えていると


イケメン君 と もう1人の 男性が やって来ましたの


「プリンさん 僕が いない時は この 土屋に 何でも 言って下さいね」


えーーーーー なんなの この展開は と


オメメ 大きくなりますわ


「土屋と 申します 真田が いつも お世話になっております」


お世話 してないしぃーー と 思いつつ


「プリンです こちらこそお世話になってます」


無難に 答えます




イケメン真田君に とにかく オーダーして


食後にコーヒーも 頼みます




休憩時間は 1時間ですの


5分前には 売店に 入ります




お会計致します


レジには 真田君



ん?


ちと 違う



目で ナニ??と


イケメン真田 見上げれば


「ランチ料金に しましたから」



マァーーーー


ランチの 時間 なんて


だいぶ前に 終わってるでしょ〜〜


私も 思わず ニッコリ


「ありがとう ゴメンね」


「いいえ この位は 出来ますから」



なんて


なんて


いい子なんだァ〜〜😻



ウヒウヒ気分で 仕事に 戻ります





今日のプリン





🈵 🈵 🈵

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。